男性不妊サプリ人気ランキング|精子の質を高めるサプリはコレ!

精子がうまく作られない原因とは?
無精子症
男性の不妊には、精子がうまく作られないという理由によるものが意外と多いようです。精子が作られないという理由にはいくつかの理由があります。
その中には、普段の生活を改善することによって解決で着るようなものもありますし、病院での手術が必要というようなものもあります。
無精子症で精子が作られないということがあります。
無精子症は、射精された精液の中に精子がいないという状態を指します。
無精子症には種類がふたつあり、閉塞性無精子症というものと非閉塞性無精子症があります。
閉塞性無精子症は、いわゆる精子の通り道という精管が詰まってしまっている状態です。非閉塞性無精子症は、精巣の精子形成に問題があるものです。
いずれの検査の確定も、病院での精液検査を少なくとも2回は行うことが必要とされています。
ホルモン分泌異常
男性ホルモンのひとつであるテストステロン、男性のあらゆる機能に関係があると言われているホルモンですが、この男性ホルモンの分泌が低下すると精子が上手く作られないということに繋がります。また、テストステロンは20代前半をピークに減少すると言われています。テストステロンは、精子を作ることだけでなく、性欲そのものに関係するホルモンです。
男性不妊で病院を訪れる男性の多くが、テストステロン値が低いということが言われています。ですから、テストステロン値の低下は、あらゆる不妊の原因に繋がっているということが言えます。
テストステロンを分泌させるには、適度な筋トレが効果を発揮します。また、テストステロンを分泌させる食生活が必要となりますが、これには亜鉛とたんぱく質の摂取が効果的だと言われています。
精索静脈瘤
精索静脈瘤は、男性不妊の中では40%もの人に見られる症状だと言われています。精索静脈瘤だけによるものもあれば、その他の理由と重複しているということもあります。
いずれにしても、男性不妊の理由としてはかなり多いことは事実。この精索静脈瘤は、どのような状態を指すのでしょうか。
身体の血流障害が起き、コブ状に腫れた精巣の静脈のことを指します。血管の弁の異常で引き起こされる状態です。血液が逆流することによって、精巣の温度を上げてしまうことから、精子そのものの生産が減ってしまうことになります。
陰嚢部の重圧感、不快感、鈍痛が発生が起きることもあり、陰嚢部の見た目の変化を感じることもあります。妊娠を強く望んでいる場合は手術が行われることもありますが、手術方法は複数あり、日帰りで行うものから入院を必要とするものまであります。