男性不妊サプリ人気ランキング|精子の質を高めるサプリはコレ!

OG・ハーブ
産卵前の牡蠣のみを使用
OG・ハーブは、主に男性向けに作られたサプリメントです。特に男性不妊に効果があると言われています。
原料となる牡蠣は広島県産のものにこだわった上で、収穫時期に関しても独自のこだわりを持っています。それは、牡蠣のスタミナが増す産卵期直前の牡蠣だけを使用しているという徹底ぶりです。
収穫した牡蠣はサプリメント化するに対して、ペプチド化されておりできる限りよい状態で体内に吸収できるように、製法には配慮が見られます。
OG・ハーブの牡蠣ペプチド化については、数々の栄養素を壊すことなくそのまま成分が凝縮するということで注目されている製法です。
製法については申し分ないのですが、亜鉛の含有量に関しては少なく1日で1.2mgほどしか摂取することができないという難点があります。
 
  
詳細情報
 
OG・ハーブ
OG・ハーブ

人参サポニン
OG・ハーブと言えば、牡蠣以外の成分に高麗人参が含まれているということが注目されています。この高麗人参も人参サポニンと呼ばれる成分を配合しているので、精子運動率の向上、男性精巣機能の回復、精子数増加といった効果があります。これは、高麗人参に含まれる成分である人参サポニンという物質が、男性不妊に特に効果があるためです。このことから、OG・ハーブを治療で取り入れている不妊症外来もあるようです。高麗人参とは、元々健康食として有名であり、滋養強壮効果もありますから、仕事に忙しい男性には特にお勧めの成分であることが言えるでしょう。男性向きのサプリメントと言われていますが、女性が飲んでも効果のあるサプリメントです。
アルギニンが含まれていない?
OG・ハーブは、NPO法人日本サプリメント評議会にて安心・安全サプリとしても認定されています。これは、サプリメントの主成分から製造方法などを総合的に見て、安心・安全と認められたサプリメントのみが認定されるものです。多くの団体や法人から認められているサプリメントという印象が強いのですが、残念なことにアルギニンという成分が含まれていないことが分かります。
アルギニンと言えば、疲労回復効果、生活習慣病の予防・改善効果があります。これは、アルギニンに血管の老化防止効果があるためです。また、育毛効果もあるので中年期以降の男性には積極的に摂取した方がいい成分でもあります。男性不妊にも効果がある成分と言うだけあって、少し残念とも言えます。

OG・ハーブの口コミ
説得力のある人からの勧め【40代 元野球部】
男性不妊で治療を行っていた同級生が、このサプリメントを勧めてくれたことがはじめるきっかけです。
私たち夫婦、何年も不妊治療を行って来たのですが、その度に残念な結果となっていました。
去年、夫婦で辞め時が分からない不妊治療について最後にしようと結論を出しました。
ダメだったとしても、その後は夫婦で仲良く暮らしていけばいいと覚悟を決めていたのです。
1年はあっという間に過ぎ、結局妻は妊娠することがないまま迎えたお正月でした。
正月中の同窓会で、野球部でライバルだったヤツと再会。ワイルドな風貌に似合わず、男性不妊だったことを知りました。
その際に、OGハーブをはじめて半年くらい経ったときに奥さんが妊娠したとのこと。
妻にはあれだけ話あって決めたので、隠れて飲むことにしたんです。
普段の体調も良くなる効果があるようなので、無駄にはならないと思いましたし。
梅雨どきに、妻から「実はできたみたい・・・」と報告を受けたときの喜びは忘れられません。
私のせいで、母親になる夢を諦めていた妻にようやく恩返しができます。あと半年は妊娠生活がありますから、大事に大事にしていくつもりです。
男性にはイロイロありまして【40代 桃太郎】
男性には女性に分からない悩みがあると言いますが、性の悩みはまさにそうですね。
30代後半から、あっちの方はめっきり弱くなったと言いますか、欲求さえ感じなくなる始末。
ちょっとHなDVDを借りたところで、「ふ~ん」という感じで。
趣味でやっている弓道で、親父と同年代の人達が多くいるのですが、忘年会の席で週に1~2回はしているとの報告が!
これにはかなりのショックで、話を私に振られ毎日ギンギンだよな?と言われたときには、とっさにYESと言ってしまいました。
本当は1年以上やってませんでした・・・。
実は、妻から求められることは月に1回あったのですが、どうもその気にならない。
妻を怒らせることが多くなり、やがて冷たくされるようになりました。
子どもは既に1人いるので欲しいとは思っていませんが、さすがにレスはまずいな・・・と。
OGハーブはネットで見つけて購入した次第です。最近、朝も元気が出てきたので様子を見て妻を誘ってみます。
子どもが欲しくて【30代 双子ママ】
結婚して2年経ち、子どもができないので不妊症外来へ行きました。検査の結果、夫に問題があって妊娠が難しいとのこと。
私はどうしても子どもが欲しいですし、夫婦だけの生活は嫌だったんです。
そこで、夫に治療を頼んでみたのですが、忙しいとか疲れているとか子どもはいなくていいじゃないかと言われ、協力はして貰えませんでした。
姑には、子どもができないことは嫁である私に問題があるとまで言われたんです。
昔の人だから、子どもができない=女性に問題、と思っていたのでしょう。
ここまで来たら強硬手段ということで、OGハーブを夫に頼み込んで飲んでもらうことにしたんです。
精子の数が増えたというような話を聞いていましたので。
飲み始めて1年経つ頃に、めでたく私の妊娠が発覚しました。
実は、3ヶ月前に双子を出産しました。
これで姑にもリベンジできましたし、あんなに子どもはいなくてもいいと言っていた夫が一番はしゃいでいます。